クリニックに相談して包茎を解消|包茎を自ら治すは早計

注意すべき包茎

men

仮性包茎と真性包茎の間くらいの状態の包茎を、カントン包茎と呼びます。どの包茎でも男性としてはコンプレックスとなってしまいますが、コンプレックスの度合いをつけるなら、仮性<カントン<真性、でしょうか。仮性は包皮をむくことができますが、真性は包皮をむくことができません。その分、コンプレックスも強くなるわけです。
カントン包茎は、むこうと思えば包皮をむくことができますが、強い傷みを伴うことがあります。この中途半端な症状が、逆によくない状況になることもあるので、上野付近にお住まいでカントン包茎に困っている男性は、クリニックを探して治療を考えたほうがいいでしょう。

また、カントン包茎は、性行為の際にも問題が生じます。
カントン包茎は基本的にはむけないので、勃起をしても包皮を被ったままです。しかし、パートナーのほうがよかれと思ってむこうとしてしまうと、痛みを伴ったり出血してしまったりする場合があります。さらにカントン包茎は、包皮が途中で止まってしまって亀頭を締め付けてしまい、血液が循環しなくなってしまうという危険性もあります。そうなると、最悪の場合は壊死につながってしまいます。もちろん、性行為にかぎらず、自分でむこうとしても同様の危険性があります。

真性包茎も放っておかないほうがよいですが、上記のような理由から、カントン包茎はより放っておかないほうがよいといえます。
上野付近であれば、カントン包茎を治してくれるクリニックを探すことができます。手術に保険が適用される場合もあるので、上野でクリニックを受診するならそのあたりも問診にて相談してみましょう。